張本智和の雄叫びチョレイの意味とは?

エンタメ, プロフィール


  2日放送のTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)で世界卓球の男子シングルス2回戦で史上最年少で日本代表入りした張本智和(13)=エリートアカデミー=が、昨夏のリオ五輪団体銀、シングルス銅メダルの水谷隼(27)=木下グループ=を4―1で破ったニュースを特集した。

 MCの国分太一(42)は、番組冒頭で張本がポイントを取った時の雄叫び「チョレイ!」とあいさつ。「どういう意味かわかんない。自分にも気合い入れたいなと思ったら気合い入りました」と笑っていた。MCの真矢ミキ(53)は「張本さんと言えば喝ですけどね」と名字が同じの野球解説者の張本勲さんのキャッチフレーズ「喝」を引き合いに出すジョークを飛ばしていた。

 番組では母親の凌さん(44)を電話取材。水谷を破る快挙に「水谷さんの分も頑張って前に行って欲しい」と勝ち進むことを祈っていた。

チョレイの意味とは?

チョレイの意味が気になったのでネットで調べてみると、張本智和選手自身も「チョレイ」は、自然に出ている雄たけびなので「チョレイ」に意味はないそうです。

しかも、張本選手自身も 「チョレイ」と言ってると思っておらず、よく皆に『なんでチョレイって言ってるの?』って聞かれるそうで、自分でもなんでだろうって思っているようです。

また、張本選手のお母さんである『凌さん(リン)』が雄たけびについてこう話されているようです。

「雄たけびは幼稚園からかな」

「愛ちゃんの『サー』と同じく、言葉に意味があるわけではないんです」

「勝ちたい時や 点数を取った時に
大きな声を出すことで 自身がついたんです。」

これについてネットでは

「日本人としてかなりの違和感」

「日の丸背負ってチョレイはいかがなものかと思う」

「水谷選手が負けたことにショック」

「うるさくて水谷も回りの選手達もイライラしてたと思う」

「何か嫌いやわこいつ」

「強烈な違和感を感じる掛け声」

「うーん、なんか好きじゃない」

などのコメントがありました。

      スポンサードリンク

      スポンサードリンク

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について

PAGETOP