荒野行動が終了?PUBG Corp.が荒野行動などに配信/開発の差し止め訴訟

テレビ・CM・雑誌, ニュース


 「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」で知られるPUBG Corp.が、競合バトルロイヤルタイトル「荒野行動」などを運営するNetEaseに対し、両者の類似を巡る訴訟を提起したことを海外メディアが報じ、ネットでも話題になっているようです。果たしてその真相は?

      スポンサードリンク

 2018年4月2日付けで、アメリカ・カリフォルニア州にて提起されたとする訴状によれば、PUBG Corp.は、『PUBG』の要素を細かく説明した上で、『Rules of Survival』『荒野行動』の2作品について“非常に強い”類似性があると指摘。著作権侵害などにより、「『PUBG』は回復不能な被害を被っている」として、両作品の配信及び開発の差し止めを要求しています。

 資料では、両作品とも公式の『PUBG』モバイル版がリリースされる前に先んじてモバイル展開を行っており、ユーザーによってしばしば“モバイル版『PUBG』”と呼称されていることに言及。また、一部海外向け公式告知などに用いられている“Chicken Dinner”の表記も本来『PUBG』特有の表現であることに触れています。

 なお、PUBG Corp.は2018年1月にApple経由で苦情を申し立てるとともに、訴状もNetEaseへと送っているとしており、NetEaseが『PUBG』の著作権を認めなかったため法的措置に踏み切ったとしました。

著作権侵害でサービス終了?

これについてネットでは

「遅いぐらい」

「PUBG側が勝つでしょうね」

「さすがにパクりすぎだし、こうなるのは予想してた」

「似てるなんてレベルじゃないし、パクリとしか言いようがなかった」

「最近露骨に広告しすぎだし荒野行動調子乗りすぎたね」

などのコメントがありました。

      スポンサードリンク

      スポンサードリンク

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について

PAGETOP