欅坂46が紅白歌合戦で放送事故?

アイドル, テレビ・CM・雑誌


 31日のNHK紅白歌合戦で、アイドルグループ「欅坂46」のメンバーが意識を失ったようにして倒れたようで、ネットでも話題になっているようです。果たしてその真相は?

以下引用

  NHK紅白歌合戦で、 2年連続の出場となった欅坂46に、ステージ上でメンバーが倒れるなどのアクシデントが発生した。

 現場のNHKホールでは、報道陣に「欅坂46のメンバーについて」と題した書面が配布された。

 書面によると「第68回NHK紅白歌合戦、欅坂46が内村光良さんと共演した『不協和音』のパフォーマンスの後、欅坂46の志田愛佳さんと鈴本美愉さんと平手友梨奈さんが軽い過呼吸のような状態になりました」と説明。「その後、すぐに待機していた看護師が、状態を確認したところ、問題はなく、体調は回復に向かっています」と状況を記した。

 欅坂は紅白後半のトップで「不協和音」を歌唱後、ダンスコラボを熱望していた司会の内村とともに再び登場。同曲のサビ部分をコラボで再度披露した。

 難易度の高いダンスを短時間で2度行ったためか、センターポジションで内村と並んだ平手友梨奈は、手が震えて立っているのもつらそうな様子。内村に「大丈夫?」と話しかけられ、うつろな表情でうなずいた。最後の部分では、鈴本美愉があお向けに倒れ、後方のメンバーに支えられる状況。ステージから楽屋に引き上げる際は、平手も意識がもうろうとした様子で、両脇を抱えられていた。

 NHKの広報担当者も本紙などの取材に、、平手、鈴本、志田の3人が、終演後に過呼吸のような状態になったと回答。楽屋に待機していた看護師にみてもらった結果、大事には至らず、回復に向かっているとした。

【画像】


      スポンサードリンク

これについてネットでは

「とにかく無事で良かったです」

「ウッチャンが責任を感じていなければいいけど…」

「よく過呼吸起こすグループだ」

「無理させすぎ」

「内村さんが明らかに普段よりテンションが低くて何事かと思ってたけど、これでは司会どころじゃないわな」

などのコメントがありました。

      スポンサードリンク

      スポンサードリンク

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について

PAGETOP