小林麻央の治療内容は?在宅医療で退院?癌の特効薬は家族愛?

エンタメ, プロフィール


  乳がんで闘病中のフリーアナウンサー小林麻央さんが、都内の病院を退院したことが分かり、ネットなどでも話題になっているようです。果たしてその真相は?

      スポンサードリンク

以下引用

乳がん闘病中で、先日、顎への転移を公表したフリーアナウンサーの小林麻央(34)が30日、ブログを更新し、退院後の様子について綴った。

 29日に退院した麻央は、翌日の30日に『久しぶりの子供達』というタイトルでブログを更新。「昨夜は、娘とくっついてたくさんお話ができました。娘とは、もう会話がはずんで本当に楽しいです」と久しぶりに自宅で過ごした夜を振り返った。

 さらに長女・麗禾ちゃんが絵本を読み聞かせてくれたと綴り、「まるまる1冊読んでくれたのは初めてです。一生懸命で愛おしかったです」と麻央にも大きな癒しになった様子。

 一方、長男・勸玄くんは「ママ、おかえりー。あいしてるよ」と麻央を出迎える練習をしていたそうで、「今朝、ただいまと息子を抱きしめたら、練習通り可愛く言ってくれました。ふたりとも、ありがとう」と感謝の言葉でブログを締めた。

引用元:女性自身

これについてネットでは

「病気に負けないでください」

「子供達とすごせて本当によかった」

「技術の進歩は早いのにガンの特効薬だけは出来んな」

「1秒でも長くご家族と笑顔で過ごして頂きたい」

「家族の温かさが何よりも薬ですね」

「どんな人でも、必ずその人生に終わりが来る」

「子供は何も教えてなくてもいろんなことを察してるだろうけど、子供達にとってお母さんの存在は唯一無二。どうか長く生きてください」

「奇跡を信じてます」

などのコメントがありました。

      スポンサードリンク

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について

PAGETOP