稲垣来泉が号泣の違法撮影現場の実態とは?

女優, 映画・ドラマ


 5月に放送予定のWOWOWドラマ「東京すみっこごはん」の撮影現場で、監督の三島有紀子氏が6歳の子役・稲垣来泉さんを労働基準法で認められていない未明や早朝の撮影に従事させていたことが分かり、ネットなどでも話題になっているようです。果たしてその真相は?

      スポンサードリンク

以下引用

 5月放送のWOWOWドラマ「東京すみっこごはん」の撮影現場で、法令に違反する子役の就労時間オーバーが相次いでいたことが、「週刊文春」の取材により明らかとなった。

 問題の撮影は1月21日、東京・練馬区の東映東京撮影所で行われた。夜を徹した長時間撮影を強いられたのは、NHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」や「砂の塔」(TBS系)に出演した“天才子役”稲垣来泉(くるみ・6)だ。

 この日、稲垣は昼12時入り。撮影は朝5時まで17時間続けられた。監督の三島有紀子氏(47)は稲垣の演技に納得がいかず、深夜3時過ぎからダメ出しを繰り返し、数十回にわたる撮り直しを強行。プロデューサーの森井輝氏(43)も現場にいながら撮影を中断しなかった。稲垣は同行していた母親に抱き付き、肩を震わせて泣き始めたという。この前日も稲垣は深夜2時まで14時間に及ぶ撮影をさせられていた。労働基準法では満13歳未満の年少者の20時から午前5時までの就労を禁止している。

引用元:文春オンライン

これについてネットでは

「わずか6歳の子供に深夜まで仕事をさせるなんて 考えられないな」

「本来睡眠すべき時間に撮影させてダメ出しとか虐待だろ」

「母親も同行してたのに…同じ親として信じられない」

「虐待で逮捕しろよ」

「大人でも17時間なんて大変なのに、それを子どもにやらせるなんてどうかしてるな」

「親も同罪」

などのコメントがありました。

      スポンサードリンク

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について

PAGETOP