不妊治療6年半…東尾理子が第3子を妊娠?

エンタメ, 美容・メイク


  タレント・石田純一さんの妻でプロゴルファーの東尾理子さんが、自身のブログで第3子を妊娠したことを報告しネットなどでも話題になっているようです。果たしてその真相は?

     スポンサードリンク

以下引用

 俳優・石田純一(63)の妻で、プロゴルファーの東尾理子(41)が7日、大阪・ABCの報道情報番組「キャスト」に出演。第3子妊娠を発表した。妊娠5カ月で出産予定は4月。ブログでは、体外受精してできた第2子妊娠の際の凍結胚(受精卵)を今夏、移植し、新たな命を授かったことを明かした。

 東尾は2009年12月に石田と結婚。なかなか子供にめぐまれず、11年6月、不妊治療を決意。ブログで「妊娠するために病院に通います」と公表した。その後、人工受精に6回トライしたが失敗、体外受精に踏み切り12年2月に妊娠が判明。同年11月に長男・理汰郎君を出産した。14年8月から不妊治療を再開し、16年3月に第2子長女・青葉ちゃんを授かった。

 ともすればネガティブな印象がある不妊治療を、東尾は「Trying to Get Pregnant(妊娠しようとする活動)」と造語で命名。ブログで自身のTGPについても記し、妊娠までの過程を公開するなどし、反響を呼んだ。

 東尾はこの日、テレビの生放送で「実は私、新しい命を授かったんです」と報告。「3人目!」と驚かれると、「うちもビックリしてるんですけど」と幸せいっぱいの笑顔を見せていた。

 番組出演後にはブログを更新し、妊娠を報告。「娘を授かった時に胚盤胞まで育ち、待っていてくれた凍結胚が一つありました。この夏にお腹に迎え、現在妊娠五ヶ月になりました」と説明。第2子妊娠の際に、凍結していた受精卵で第3子を授かったことを明かした。
引用元:

これについてネットでは

「この子が成人式を迎えるときお父さんは83歳」

「お金があるから、できる事なんだなと思った」

「みんながみんな、何度もトライできるわけじゃないし、金銭的にいくらかけてるのかも伝えて欲しい」

「お父さんがすでにおじいちゃんの歳なので、子どもが成人した時のことを思えばご兄弟が多い方が良いかもね」

「ビックリとか言うて、いかにも仲いいようなアピールがあざとい」

などのコメントがありました。

      スポンサードリンク

      スポンサードリンク

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について

PAGETOP