橋爪功が不適切発言でアナウンサーが謝罪?

テレビ・CM・雑誌, 俳優


 俳優の橋爪功さんが、生放送の番組で不適切発言をしてアナウンサーが謝罪するという場面があったようでネットでも話題になっているようです。果たしてその真相は?

      スポンサードリンク

以下引用

 俳優の橋爪功(76)が20日放送のNHK「ごごナマ」に生出演。不適切発言があり、阿部渉アナウンサーが謝罪する一幕があった。

 橋爪は「若手俳優に言いたいことがあるか」と尋ねられた際、「ない。言ってもしょうがないしな」と話した後に、不適切発言があった。

 発言の直前に橋爪は「生放送は苦手」だとし、「失言が多い。舌禍ね。生放送は取り返しつかないでしょ。結構、今までにあったんですよ、向こうの方で大騒ぎしてる場合が」と話していた。

 阿部アナが「先ほど不適切な発言がありました。大変失礼いたしました」と謝罪した。

引用元:日刊スポーツ

生放送での不適切発言とは?

橋爪さんは

「若手俳優に言いたいことはあるか」

という質問に対して、

「言いたいことはないけど、言いますよ」

などと言ったあと

「バカだとか、◯ョンだとか、死ねとか、そいういうことは言います。理論を丁寧に言うことはない」

と発言したようです。

これについてネットでは

「生放送の橋爪功は失言するから面白い」

「息子が捕まってから久々の番組か」

「何が不適切なのかさっぱりわからない」

「これ生放送見てたけど面白かった」

「今は規制が厳しいからね」

などのコメントがありました。

      スポンサードリンク

      スポンサードリンク

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について

PAGETOP