農業アイドルの大本萌景さんが死去

アイドル, ニュース

 
 アイドルグループ 「愛の葉Girls」メンバーの大本萌景さんが16歳の若さで亡くなり、ネットでも話題になっているようです。果たしてその真相は?

      スポンサードリンク

以下引用

 愛媛県松山市を拠点に、農作業もする農業アイドルとして活動してきた「愛の葉Girls(えのはがーるず)」の人気メンバー、大本萌景(おおもと・ほのか)さんが21日に16歳の若さで亡くなりました。

ももクロやAKB48にあこがれてアイドルを目指し愛の葉Girlsに入ったそうですが、活動しているうちに、最初は興味のなかった農作業も楽しくなったと、目を輝かせていました。

 そんな大本さんですが、詳しい内容については控えますが、このところ悩みを抱えていたようです。お母様によると、亡くなる前日、仲の良い友人らの助けと励ましもあり、自分なりの方向性がついたばかりだったとのことで、早すぎる死が悔やまれます。

これについてネットでは

「容姿もいいしアイドルとしてもまだまだ活躍できただろうに…ご冥福をお祈りします」

「詳しい内容については控えますがって自殺としか思えない書き方」

「死ぬくらいならアイドルやめてほしかった」

「可愛くない子ばかりのグループだと思ってたのにこんな子もいたんだね」

「このところ悩みをかかえていたって、おそらく自殺か」

「日本の自殺者は減少傾向にあるが、10代の自殺者率は増加しているそう。若者が未来に希望を持てないような状況が生まれているのでは」

などのコメントがありました。

      スポンサードリンク

      スポンサードリンク

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について

PAGETOP