ギフハブとは/盗聴・盗撮アプリでASKAを監視する組織は実在する?逮捕前ミヤネ屋で語った真相は?

エンタメ, 音楽・アート

 歌手のASKA容疑者が逮捕前に「情報ライブ ミヤネ屋」の電話取材に応じ、「ギフハブ」という謎の組織に自分の行動が監視されていると訴え、「ギフハブ」ってなに?とネットでも話題になっているようです。果たしてその真相は?

     スポンサードリンク

以下引用

 覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕された歌手のASKA容疑者が残した謎の言葉「ギフハブ」について30日、読売テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」が「GitHub(ギットハブ)」ではないかと分析した。

 同容疑者は警視庁に28日に逮捕される約5時間前に宮根誠司キャスターと電話で話し、その模様を29日に同番組で放送した。その際、同容疑者は「組織があるんですけど、ギフハブっていう。そこが組織を作って今…」などと自分の行動が監視されていると訴えていた。

 30日の同番組で“ギフハブ”について「そういう組織はまったくない」とし、インターネット上で「GitHub(ギットハブ)のことではないか」との指摘があることを紹介した。

 ITジャーナリスト三上洋氏の解説としてギットハブについて、「コンピュータープログラムをインターネット上で共有するサービスのこと。単なるネット上の倉庫のようなものでASKA容疑者が話しているようなプログラムはギットハブには存在しない。作ることも不可能」と紹介された。

 GitHubはプログラム作成者が日常的に使うバージョン管理ツールで、誰でも使うことができ、プログラムを広く共有するためのサービス。GitHubのウェブサイトでは「ソフトウェア開発プロジェクトのためのソースコード管理サービスです」と説明がある。

引用元:デイリースポーツ

これについてネットでは

「岐阜県にあるハーブ園が関係してるのかと思った」

「これが覚せい剤や危険薬物の恐ろしさ」

「ここまで完璧に脳がイカレちゃってるのも珍しい」

「もう実刑になるんだし素直に全部喋ってほしい…」

「aska完全に薬にやられちゃってますね」

「覚醒剤をやってなくても、盗撮や盗聴の被害にあっているとか、監視されているとかいった妄想を抱いている人なんかごまんといるよ」

「ギフハフ…今年の流行語大賞はこれ!」

「ラリっている人の言葉を真面目に考えても…妄想だから、分析しようとするだけ時間の無駄」

などのコメントがありました。

     スポンサードリンク

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について

PAGETOP