沖縄県知事の翁長雄志さん死去

テレビ・CM・雑誌, ニュース


 沖縄県知事の翁長雄志さんが、膵臓がんのため入院中の浦添総合病院で死去したことが分かり、ネットでも話題になっているようです。果たしてその真相は?

     スポンサードリンク

     スポンサードリンク

 

 翁長知事は今年4月、人間ドックがきっかけで膵臓(すいぞう)に腫瘍が見付かったことを公表。同月、切除手術を受けた。浦添市内の病院を退院した5月15日に会見し、病理検査の結果、腫瘍は膵がんと診断されたことを自ら明らかにした。

 再発や転移を押さえる治療を受けたため髪は抜け落ち、ほおもこけてやせ細っていたが、その姿を隠すこともなく、公務にまい進していた。

これについてネットでは

「賛否色々あったけど、先ずはご冥福お祈りいたします」

「今後の沖縄が前を向いて歩き出すことを願います」

「少なくともそこらへんの政治家よりは気概があったんじゃないかな」

「偏りすぎた考え方ではあったけど、この人なりの沖縄のために尽力をつくしたのは確か」

などのコメントがありました。

      スポンサードリンク

      スポンサードリンク

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について

PAGETOP