富山市の交番にナタで襲撃か?

テレビ・CM・雑誌, ニュース


 富山市の交番で警察官が刺されて死亡し、近くの小学校で警備員が撃たれて死亡した事件で、富山県警は富山県立山町の職業不詳、島津慧大(けいた)容疑者(21)を、現行犯逮捕したと発表し、ネットでも話題になっているようです。果たしてその真相は?

      スポンサードリンク

 富山県警によると、事件は26日午後2時ごろに起きた。富山市久方町の県警奥田交番で、勤務する稲泉健一警部補(46)が男に刃物のようなもので刺され、拳銃を奪われた。男は近くの市立奥田小学校に向かい、小学校にいた警備員の中村信一さん(68)に発砲。中村さんは左肩などを撃たれて救急搬送された。男は警察官に身柄を確保された。県警によると、稲泉警部補と中村さんは病院で死亡が確認された。男も左腹部を撃たれて搬送された。

これについてネットでは

「駆けつけた警官が発砲しなかったらもっと被害者が出たかもしれない」

「発砲は正しい判断だったと思う」

「犠牲者のご冥福をお祈り申し上げます」

「警察官の拳銃使用のハードルを下げるべき」

「残酷な事件が相次ぐなんて、何ともイヤな社会になったもんだ」

などのコメントがありました。

      スポンサードリンク

      スポンサードリンク

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について

PAGETOP