殺戮モルフの一部シーンが黒塗りに?原画が流出!?

テレビ・CM・雑誌, マンガ・アニメ

 秋田書店のホラー漫画「殺戮モルフ」原作者の外薗昌也さんが、第2巻の一部シーンが黒塗りになると公式Twitterで明かし、ネットなどでも話題になっているようです。

「これなら出さないほうがいいですよね」

出版社から見本を受け取った外薗さんは12日、「グロシーンを真っ黒に塗り潰されての発売となりました」と、該当のシーンをツイートした。この単行本は12月20日に発売予定だが、外薗さんは黒塗りについて「全く相談無しだった」と書いている。

漫画が単行本に収録される際に、元のバージョンから修正が加わることが出版業界ではよくあるが、ここまで大幅な修正が作者に知らされてなかったとすれば異例だ。

外園さんは「このままでは発禁になると判断しての処置みたいです」とツイートしており、出版社側の自主規制による可能性がある。

外園さんには事前に相談がなかったそうで、「これなら出さないほうがいいですよね」と呆然とした様子でつぶやいている。

ハフポスト日本版は秋田書店に取材を試みたが「担当者が不在で現時点では答えられない」というコメントだった。

関係者によると、雑誌掲載時にも該当シーンは黒く塗られていたが、単行本では「本来の形」で掲載する方針だったという。

『殺戮モルフ』は外薗さんが原作、兄妹ユニットの「小池ノクト」が漫画を担当して、ヤングチャンピオンで2月から連載している。謎めいた殺人鬼に翻弄される女子高生と警察官のスプラッターホラーとなっている。

引用元:ハフポスト

【原画】  
      スポンサードリンク

これについてネットでは

「なんでも表現の自由はいただけないが、いちおう原作者に話を通すのは筋だとは思う」

「絵を書き込む労力は手間も気力も使ってるし、作品の内容や表現に問題があったとして修正しなきゃいけないなら相談すべき」

「雑誌では一部不掲載で単行本は全載せはあるけど、原作者に連絡しないとか、常識的にあり得ない。秋田書店も堕ちたな」

「コミックス掲載作品を黒塗りするのって行き過ぎのような気がするけど…」

「出版社は意思を尊重する側かと思ってたけど作者の味方ではないのかな」

などのコメントがありました。

      スポンサードリンク

      スポンサードリンク

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について

PAGETOP